FC2ブログ

AHC便り◆心の負担×エネルギー・レベル

A H C か ら の
お 便 り ◆ No.300


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★★メルマガの配信登録はこちら
http://www.a-h-c.jp/ahcmailmagazine
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

季刊『Be!』副編集長のTです。
このメールマガジン、とうとう300号になりました。

スタートは12年前の春でした。
当時のメルマガ原稿を見てみると、延々と「橋」の話や、
延々と釣りの話、延々と空手の話……好き勝手なことを
書いております(汗)。

そんな好き勝手の断片を、末尾でちらっとどうぞ。

今回は、予約開始した『Be!』133号と増刊号のご紹介が
中心です。
まずは、300号記念プレゼントから!


∞∞∞ 本日のメニュー ∞∞∞

1.記念プレゼント!

2.『Be!』133号の内容より

3.増刊号のご紹介

4.セミナー最新情報

5.隅田川の橋


┌───────―――
│1.記念プレゼント!
└───────―――

いつも読んでくださり、ありがとうございます。
感謝をこめて……

抽選で15名の方に、アスク・ヒューマン・ケアのセミナー
で使える「キャッシュバッククーポン」(2000円分)を
プレゼントします。

●あなたのお声を添えて(メルマガの感想や、セミナー
の感想、自分の思いや課題など、なんでも!)
「プレゼント希望」の件名で
research★(★を@に変えてください)a-h-c.jp
までお送りください。

(当選の方のみ、ご連絡をさしあげます)

いただいたお声はメルマガで紹介させていただく場合が
あります。
原則イニシャル1文字にさせていただきますが、ご希望
のペンネームがあればお書き添えください。


┌───────――――――
│2.『Be!』133号の内容より
└───────――――――

予約受付を開始しています。
記事の中から一部をご紹介!

……………………
●特集
「先延ばし」という罠から抜け出す方法!

まずは動機づけ面接トレーナー、磯村毅先生に取材しま
した。そのやりとりの冒頭より。

**

やらねばならないことをずるずる先延ばしにする背景に
は、大きく言って二つの要素がある、と磯村先生は話す。

ひとつは「心の負担」。
人は誰でも、心の負担になるようなことを先延ばしにし
がちだ。
難しそうな仕事、やっかいな相手との話し合い、他人に
言うのが恥ずかしい相談ごと……。
ものによっては、時間がたてばたつほど解決へのハード
ルが高くなり、心の負担度が上がってしまう。

もうひとつは「エネルギー・レベルが足りない」こと。
いわば、お疲れ状態だ。元気レベルが下がっていると、
負担度が高いものにとりかかれないのは当たり前だし、
毎日のちょっとしたことでも、つい後回しになりがち。

そして、この二つの要素は互いにリンクしているのだ。
先生はこう話す。
「未完了なものは、心のエネルギーを吸い取るんです。
たとえば、あの人に謝らなければ……と思いながら、電
話もできずメッセージも送れずに一週間たっているとし
ます。その間、ずっとそのことが頭の隅に居座って、エ
ネルギーを吸い取り続けます」

どうしたら!?

……………………
●読者の質問箱
「承認欲求」って、いけないもの?

「ネットで検索してみると、承認欲求が強い人は困った
人、のような記事がたくさん目に入ります。人に認めて
ほしい気持ちが強い自分が、恥ずかしくなりました。承
認欲求って、いけないもの?」

こんな質問に、精神科医でブロガーの熊代亨先生が回答。

*認められたいから、人はがんばる
*「所属欲求」から「承認欲求」へ
*「自己実現」なんて、できるものじゃない
*「こころ」から「ふるまい」の時代へ
*「承認」の目盛を細かくしよう など 
脱線も含めて盛りだくさんに語ってくださいました!

……………………
●新連載
依存の《入り口》に立つ子どもたち
1 大麻――学校に警察が踏み込む衝撃

女子生徒の大麻使用をめぐり、ある高校に警察が踏み込
みました。その結果……。
養護教諭は「学校の役割とは何だろうと、初めて人前で
号泣した」といいます。

2010年から各地の保健室を取材してきたジャーナリスト
の秋山千佳さんが、子どもや若者の日常にぽっかりと開
いた「依存の入り口」を綴る連載です。

……………………
●小林エリコさんインタビュー
いじめ、ブラック企業、過量服薬、生活保護、
人生は続く!

一昨年、自伝的エッセイ+漫画を出版したエリコさんは、
子ども時代に壮絶ないじめを体験。
短大卒業後、勤めた会社がブラック企業で、貧困とスト
レスから自殺を図り、何度も入院。
そして精神障害者手帳を取得し、生活保護を受給し、社
会的「弱者」になっていく自分……。
自立を助けるはずの制度が、逆に力を奪ってしまう?
そこからの再起とは?

……………………
●発掘! 依存症地域連携モデル【2】宮城編

東日本大震災で被災した宮城県沿岸部で、東北会病院は
広域なアウトリーチを続けてきました。その過程で、問
題を掘り起こすだけでなく地域の力を掘り起こしていき
ます。
発災から4年目まで行なわれた支援者グループと、その
後に山場を迎えた自助グループの立ち上げ支援について
お伝えします。

……………………
そのほかの記事はこちらをどうぞ。
http://www.a-h-c.jp/magazine/7612

アマゾンでも予約できます
http://c.bme.jp/13/297/2858/1916

年間購読(本誌4冊+増刊号1冊)のお申込み・継続は
http://www.a-h-c.jp/magazine/5719


┌───────――
│3.増刊号のご紹介
└───────――

本誌と同時発行のBe!増刊号は《保存版》

『依存症家族の困りごと 解決&支援マニュアル』

アルコール・薬物・ギャンブルそれぞれの違いをふまえ
た、具体的な支援のポイントは?
グッと問題解決に迫る内容です。
支援者はもちろん、家族の方もぜひお役立てください。


<内容より>

*依存症の基礎知識

*アルコール・薬物・ギャンブル、
 それぞれの「困りごと」整理
 &家族支援マニュアル

*問題解決のノウハウ
 暴力! どうしたら?【近藤京子】
 離婚したい! どうしたら?【東 玲子】
 逮捕された! どうしたら?【高橋洋平】
 家で離脱症状! どうしたら?【松下幸生】
 高齢者の飲酒問題 どうしたら?【小仲宏典】
 借金発覚! どうしたら?【安藤宣行】

*家族の回復のために援助者ができること
 【水澤都加佐】

*複雑な問題を抱えた家族への支援
 【近藤あゆみ】

*何がどう役立った? 家族の手記 ほか

……………………
もくじは、こちらをどうぞ。
http://www.a-h-c.jp/magazine/7635

アマゾンでも予約できます
http://c.bme.jp/13/297/2861/1916

年間購読(本誌4冊+増刊号1冊)のお申込み・継続は
http://www.a-h-c.jp/magazine/5719


┌───────―――
│4.セミナー最新情報
└───────―――

11/17(土)~18(日)の「アサーティブ・トレーニング 
基礎講座」は満席。
次回は2019年4/13(土)~14(日)です。
http://www.a-h-c.jp/seminar/4895

年内のセミナーをご紹介します。

…………………

◆「感情ストップ」体験セミナー

11/10(土)

ストップとは停留所のこと。しばし立ち止まって、心の
もやもやを整理するプログラムです。

感情を溜めたままでいると、自分自身が理解できず、過
去にとらわれます。
感情が整理できると、自分自身が理解でき、自分の現実
にリアルタイムでいられます。

――頭で考えすぎていたことに気づきました。また、
「焦ったりイライラするとき、自分の中に、見ていない
感情がある」という言葉が心に残りました。(M 愛知)

http://www.a-h-c.jp/seminar/4867
…………………

◆水澤都加佐のナラティブ・セラピー《新講座》

11/13(火)~14(水)【残席わずか!】

「あなたの人生の専門家はあなた」
ナラティブ・セラピーの手法を体験しながら、問題に支
配されない人生へと踏み出すパワーを自分の中に発見す
る講座です。
援助者の方もぜひどうぞ。

ナラティブ・セラピーってどんなもの?
↓こちらをぜひどうぞ。

http://www.a-h-c.jp/seminar/7437
…………………

◆TFTパートナー講座

11/16(金)

TFTは、東洋医学の「経絡」を取り入れた心理療法。
ツボを自分の指でタッピングすることで、不安やストレ
スなどによって身体にわきおこる反応をしずめます。

――自分自身が緊張しやすいこと、そして息子がパニッ
クになりやすく不安を持ちやすいため、一緒に落ち着け
るようなツールを知りたくて参加しました。実際の場面
で使えるように練習を多数取り入れてくださって、勉強
になりました。自分のメンテナンスに役立ちそうです。
息子たちともシェアすることができ、イライラした時な
ど対応できると感じました。(Y 東京)

http://www.a-h-c.jp/seminar/6178

「感情を扱うのに、身体に働きかけるのはなぜ?」
『Be!』掲載記事がこちらで読めます。
http://www.a-h-c.jp/article/7299
…………………

◆親密さの回避と恋愛依存

11/29(木)~30(金)

年1回の開催です。
援助する立場の方にもおすすめ。
講師:水澤都加佐

――回避依存症者が「敬われたり慕われたりしてもらえ
ないことを怖れている」というのにハッとしました。
講師はいつも穏やかで、ユーモアを交えながら話してく
ださるので、安心して受講できます。(I 神奈川)

http://www.a-h-c.jp/seminar/4845
…………………

◆グリーフワーク

【愛知特別開催】12/1(土)~2(日)

私たちは、さまざまな別れを繰り返して生きています。
望んだのに得られなかったものもあります。
悲しみは、無理に抑えつけると、根深い怒りとなったり、
うつ状態を招いきます。
喪失を受けとめ、悲しみを言葉にしてみませんか?
別れは、新しい出会いの始まりでもあるのです。
講師:水澤都加佐

――援助の仕事に着く前に、ある程度まで自分の心の癒
しをしておきたいから参加。内容は全部が役立ちます。
自分の中で起こっていたことがよくわかりました。ずっ
とずっと父から言ってほしかった言葉を心をこめて言っ
てくださって、心が本当に癒され、楽になれました。
(S 富山)

http://www.a-h-c.jp/seminar/4837
…………………

◆TC入門講座

【愛知】11/17(土) 14:00~18:00
【東京】2019年 3/9(土)13:30~17:30

対人関係とコミュニケーションの講座です。
そして同時に、本当の自分を見つける旅の始まりでもあ
ります。
TRUE COLORS とは英語で「真の姿」「本来の自分」とい
う意味。それぞれの気質や行動パターンの違いを講座の
中で体験し、自分の持ち味や魅力を知った上で、他の人
とのよりよい関係づくりを目指します!

――第一カラー(気質)のグループで、お互いの感じて
いることが共有できたのがうれしかったです。夫婦関係
や、同僚との関係、クライエントに接するときのクセな
どを振り返るのに役立つと思います。(N 新潟)

http://www.a-h-c.jp/seminar/5697
……………………

◆TC入門講座 【特別企画】
多職種連携とコミュニケーション

【東京】12/20(木)13:00~17:45

援助職はじめ、連携を必要とする仕事をしている方へ。
多職種連携教育(IPE)の専門家でもある松岡千代が
ファシリテーターを務める、レクチャーつき講座です。

http://www.a-h-c.jp/seminar/7576

多職種連携についての松岡千代の記事はこちら
http://truecolorsjapan.jp/for-helpers/ipw/
……………………

◆TC実践講座「ストレスケアと自己開発」
(入門講座を修了した方が対象・連続受講可)

【愛知】11/18(日)
【東京】2019年 3/10(日)

入門講座を修了した方が対象です。

どんなふうに生きてきた? 
ストレスを感じたときどうなる?
……自分自身に焦点を当て、今後のプランを立てます。

http://www.a-h-c.jp/seminar/5699
……………………

◆TC実践講座「対人関係とコラボレーション」
(入門講座を修了した方が対象・連続受講可)

【東京】12/21(金)
今回、来日中のハワード・カツヨ(博士 教育学)と
松岡千代(博士 社会福祉学)が共にファシリテート。

周囲との関係に焦点をあてます。
特定の人を「苦手」と感じてしまうのはなぜ? 
4つのカラーが協力し合うと何ができる?

http://www.a-h-c.jp/seminar/5705
……………………

◆グループ・ファシリテーションの理論とスキル

【東京】12/15(土)~16(日)【残席わずか!】

ハワード・カツヨ博士の来日講座です。
グループをファシリテートする方法を、実践的にトレー
ニングします。

――知ってよかったのは、「迷ったり困ったら自分の立
ち位置を確認する」こと、体験して失敗することの大切
さ、フィードバックするときの物差しが持てたこと。カ
ツヨ先生と会えてよかった。先生の全身からみなぎる力
を感じて、自分も元気になれました。(S 和歌山)

http://www.a-h-c.jp/seminar/4854

……………………
全講座のカレンダーはこちらです。
http://www.a-h-c.jp/article/6199


┌──────――――――――
│4.隅田川の橋
└──────――――――――

Tです。
メルマガを始めた2006年春の記事よりご紹介します。

***

……隅田川には、たくさんの橋があります。
ときどき川べりを歩いたり、対岸へ渡ったりしながら、
橋を鑑賞します。
「こちら側からあちら側へ渡る」感じが、大好きです。

水神大橋を渡ると、隅田川神社があります。
このあたり、テントハウスが並びます。

白髭橋は『星の王子さま』に出てくる、象をのんだへび
みたいな不思議な形です。

鬼ごっこができそうな桜橋。
言問橋は、ユーモラスな街灯つき。

そして伊勢崎線の鉄橋の向こうに、吾妻橋、駒形橋、そ
の向こうにはアーチが連なる厩橋と、橋ラッシュです。

どっしりとした蔵前橋を過ぎると、江戸の風情が今も残
る神田川。
柳橋のたもとには船宿があります。

再び隅田川に戻って、バルコニーつきの両国橋。

空に三角定規を立てた新大橋。

……そして、私の一番好きな橋が見えてきます。
かつてライン川に架かっていた「ケルンの大吊り橋」を
モデルに作られたという、清洲橋です。

この清洲橋、アスクのすぐ近くなのです。

セミナー等においでの折は、ちょっと足を伸ばしてご覧
になりませんか。
渡るのも楽しいですが、川岸を少し歩いたところから眺
めるのがもっともおすすめ。優美な姿です。

***

朝の清洲橋も、夕景の清洲橋も、本当にいいですよ!



ご意見やお声、お待ちしています。
メルマガ上で紹介させていただくことがありますので、
ご希望のペンネームがありましたらお書き添えください。
(特になければイニシャル1文字か匿名にしますので)

 mail★(★を@に変えてください)a-h-c.jp  までどうぞ。

※お願い※

ブログなどでメルマガ記事を紹介してくださる場合、AHCの
ホームページにリンクを張ってください。
また、ホームページの内容を紹介したい方は、事前に下記まで
問い合わせてくださいますよう。
research★(★を@に変えてください)a-h-c.jp

(季刊『Be!』の記事や出版物の内容転載は禁止です)

∞∞ AHCからのお便り ∞∞
自分らしい生き方、応援します
http://www.a-h-c.jp/

アスク・ヒューマン・ケア
〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町3-16-7-7F
Tel.03-3249-2551
代表取締役社長 友井真人  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
プロフィール

ahcm

Author:ahcm
アスク・ヒューマン・ケア(AHC)

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク