FC2ブログ

AHC便り◆未完の感情を完結させる

A H C か ら の
お 便 り ◆ No.311


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★★メルマガの配信登録はこちら
http://www.a-h-c.jp/ahcmailmagazine
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

『Be!』副編集長のTです。

連休を丸々休めた方、お仕事だった方、休み疲れの方、
調子はいかがでしょうか。

私は連休中、家と自分自身のメンテナンスにほぼ10日を
費やしました。
(わき目もふらず、整理&修理&掃除&読書です)

起床も就寝も通常モードのままだったのに、不思議と、
休み明けはどこか浦島感が出てしまうものですね!
3日かかってようやく、脳の時計が分針レベルの調整に
入れたところです。

ではメルマガ始まります。
『Be!』135号の予約受付がスタートしています。


∞∞∞ 本日のメニュー ∞∞∞

1.『Be!』135号の内容より

2.未来の自分は何と言っている?

3.未完の感情を完結させる

4.セミナー最新情報


┌───────――――――
│1.『Be!』135号の内容より
└───────――――――

●特集 どこまで自分を見せる?
ウソと秘密と「自己開示」について

本当の気持ちを言えずに、
隠したことはありますか?

子どもの頃、家族の中に
ウソや秘密はありましたか?

相手に何かを打ち明けるかどうか、
迷ったことはありますか?

……そんな問いに心当たりがある人のための特集です。

<PART1>【岩壁 茂】
感情を偽る/隠すと、何が起きるか

<PART2>【水澤寧子】
原家族の「秘密」が、子どもに与えるメッセージ

<PART3>【西脇健三郎】
「ウソ→正直」が依存症の回復とは限らない!

…………………
●TOPIC 回復を応援する社会へ!

《清原和博》
「苦しいんだ、つらいんだと言えることが、今一番大きい」
厚生労働省主催のイベント「誤解だらけの『依存症』in東京」
にサプライズで出演した清原氏。
事件後初めて、公の場で自身について語りました。

《ピエール瀧》
テレビのワイドショーやバラエティ番組では相も変わらず、
寄ってたかって吊るし上げるような内容が目につきました。
一方ネット上では、今までになかった動きも。
そして今回、もう一つの焦点となったのは「自粛」です。

…………………
●インタビュー 森重樹一さん
(ZIGGYボーカリスト)
依存症という病気からもらったギフト。
そのままでいることがロック。

「娘の写真を見ながら飲む酒は、悲痛でした」
「くだらないライブに行くぐらいなら、自助グループに
行ったほうがずっといい」
そう話す森重さん、アルコール依存症と診断されたのは
45歳のときでした。
断酒が音楽・家族・人生にもたらした変化を語ります。

…………………
◆新連載 女性たちの生きる選択!
DV・モラハラ・依存症…【東玲子 弁護士】

【1】DV被害妻の自己否定感 アルコール妻の自責感

「たくさん悩んで迷って決めた選択に不正解はない!」
「人生、案外なんとかなるものだ!」
さまざまな女性たちの選択をサポートしてきた弁護士が、
悩んだときに役立つ知識を、ケースとともに伝えます。

…………………………
●ヨーロッパの薬物対策から学ぶ
ハームリダクションって何?
【オンブレ・ジャパン代表 近藤京子】

(本文より)
かつて薬物使用者はモラルのない人と扱われ、刑務所に
入れられるか、街角で死んでいくかだった。重い刑罰と
スティグマは、社会の中でよりよく生きるという基本的
な人権を奪い、薬物関連問題を悪化させた。
排除するのではなく、社会・公衆衛生の問題としてとら
えること、実態に基づく対策を立てて実施すること、そ
してすべての対策において、予防の観点を考慮すること
が、ヨーロッパの共通認識になっていった。

…………………………
◆「新ガイドライン」Q&A
断酒/減酒の治療戦略【樋口進】

昨年秋、依存症治療の新しいガイドラインが出ました。
そこでは条件付きで、「飲酒量低減」もアルコール依存
症の治療目標になり得るとしています。
今年3月からは新薬ナルメフェンの処方もスタート。
*依存症治療の3つのオプションとは?
*重症と軽症、どうやって線を引く?
*ナルメフェンの治験結果や作用機序は?
……樋口医師に話を聞きました。

…………………………
そのほかの記事は、こちらをご覧ください。
http://www.a-h-c.jp/magazine/7963

アマゾンでも予約できます。
http://c.bme.jp/13/297/3147/1916

年間購読のお申込み・更新はこちら。
http://www.a-h-c.jp/magazine/5719


┌───────―――――――――
│2.未来の自分は何と言っている?
└───────―――――――――

新年度、そして新元号という節目に、気が張り詰めている
人も、ちょっと疲れた人も、変化のきっかけがほしい人も
……なりたい自分が見えてくる1日はいかがですか。

 「自分で自分のメンテナンス」体験セミナー

数々のワークを通して、自分を知り、今の状態に気づき、
メンテナンスの方法を学び、自分にとって何が必要で何は
必要ないか、どんな自分になりたいかを探ります。

ここでは、人気のワークを抜粋してご紹介。

******

ワーク7
【タイムマシンのワーク】

あなたは今、変化を求めています。
けれども私たちはときに、変化を怖れます。
新しい一歩を踏み出すには、まずは自分に対してそれを許
すための、ちょっとした勇気が必要です。

何が心の中でもやもやしているのか、それがどんな感じに
嫌なのか、そこから抜け出すのに何が役に立つのか、いち
ばんよく知っているのは自分です。
たとえ言葉にならなくても、もう一人の自分が知っている
はずです。

どんな自分になりたいですか?
なりたいと思う、未来の自分を思い描いてください。
どんなことをしているでしょうか。

あなたはタイムマシンに乗って、未来に行きました。
そこでは、あなたの願いがすべて叶っていました。
どんな気持ちでいるでしょうか?

未来の自分は、今のあなたに何と言っていますか?

******

参加者のアンケートより

●ワークがたくさんで、最初はこんなにできるのかな? 
と思ったけど、全部やっちゃいましたね! すごい! 
自分を客観的に見ることができ、プラスもマイナスも「私」
の大切なものなんだと思えました。(S 神奈川)

●朝が来るたび、通勤電車に乗るたび、つらくなっていま
した。メルマガを見て、自分でメンテナンスができたら今
より救われるのではと思い、参加させていただきました。
楽しかったです。自分をほめてあげることを毎日に取り入
れたいと思います。自分自身のことがわかって初めてメン
テナンスできると気づきました。(T 東京)

●タイムマシンのワークがよかった。自分の希望する未来
に向けて、実現できそうな気がする。講師は参加者それぞ
れが抱えた重い課題をきちんと受けとめてくださり、うれ
しかったです。(K 愛知)

●ストレスで休職し、今後について悩む中で参加しました。
すべてのワークに意外性があり、取り組むうちにポジティ
ブな未来像ができていくのが新鮮でした。漠然と求めてい
たものを言葉にして人に伝える中で、「どんな自分になり
たいのか」が見えてくる、「なれる!」という力を感じる
……そんな一日でした。(Y 東京)

●自分がほしいもの、いらないもの、やりたいことを言葉
にすることで、自分ひとりでは気づけなかった新しい発見
がありました。自分がなりたいイメージがはっきり見える
ように行動していきたいです。(M 千葉)

●タイムマシンのワークがよかったです。頭で考えている
ことと、身体でわかっていることの差があって圧倒されま
したが、成長した自分を少し実感できました。過去の経験
もいとおしいと思えました。(O 神奈川)

******

「自分で自分のメンテナンス」体験セミナー
6/29(土)
講師 近藤京子

http://www.a-h-c.jp/seminar/4822


┌───────――――――
│3.未完の感情を完結させる
└───────――――――

水澤都加佐所長が語るシリーズ、今回は、喪失に伴う未完の
感情について。

Be!増刊号No.23『家族はどうしたらいいのか?』8章の特別
寄稿より、抜粋してご紹介します。

*******

長年の友人二人が、ちょっとしたことで口論をしました。
そして、気まずいままで別れ、二人ともその夜はモヤモヤと
した不安定な気持ちを抱えています。

翌日、二人が顔を合わせました。
「昨日は言いすぎた。ごめんね」
「こっちこそ、あんなふうに言うつもりじゃなかった。昨日
は気になって眠れなくて……」
「実は私も」
こうして二人は不安定な感情を、無事に完結させることがで
きます。

けれどもし、翌朝に不慮の事故で一人が亡くなったらどうで
しょうか? 
遺された一人は、未完の感情を抱えることになります。

おそらく友人の葬儀でも、ただ純粋に相手を悼む気持ちにな
ることができず、罪悪感、自責感、相手への怒り、その怒り
を感じる自分へのうしろめたさ、後悔、自分を罰する気持ち
など、あらゆる感情が行き場を失った状態になるでしょう。

そうなのです。突然の死というのは、相手とのコミュニケー
ションが突如として断ち切られ、「昨日はごめんね」という
続きができない――ということなのです。

友人二人の間でも、これは大きな衝撃です。
ましてやアディクションに翻弄された家族の場合は?
相手と密着した状態での苦しい感情が、すべて未完の状態に
なってしまいます。

***

悲しみというのは、ひとつずつ、すべて違います。
誰の経験も同じではありません。
それでも共通して言えるのは、依存症や摂食障害、うつ病と
いう病気の破壊力です。

ご家族をこうした病気で亡くされた方が、カウンセリングに
おいでになることがあります。
お話の中で、何度も意識的に使う言葉があります。
「ご主人は、アルコール依存症だったのですね」
「お嬢さんは、摂食障害だったのですね」
「息子さんは、薬物依存症だったのですね」
「お父さんは、うつ病だったのですね」

……このように、繰り返し病名を口にすることで、亡くなっ
た人が人間として弱いのではないこと、家族が悪いのではな
いことを確認します。
「その人や家族が問題」なのではなくて、「問題が問題」な
のです。

***

亡くなった人と自分との間に、境界線を引く必要があります。
その人の人生はその人のもの。
そして自分の人生は自分のもの。
別の存在なのです。

これは、愛をなくすことではないし、相手を忘れることでも
ありません。
一人の人間として、未完の感情を完結させ、相手の死を純粋
に悼み、大切な存在として共に生きていくということです。

***

相手との間にある思いを、ひとつずつ言葉にしていきます。
怒り、落胆、あやまりたいこと、感謝……。

文字として書くだけでなく「話す」ことが大切です。
書くことで、気持ちは整理されます。でも書いただけでは、
感情は自分の中にとどまっています。
誰かに話すことで、気持ちは音声となって外へ出るのです。

これは、死によって断ち切られたコミュニケーションをもう
一度継続し、完結させるための作業です。

Be!増刊号No.23
http://www.a-h-c.jp/magazine/4244

*******

このテーマに関連する、水澤都加佐のセミナーです。

◆依存症について学ぶセミナー
5/29(水)~30(木)
http://www.a-h-c.jp/seminar/7776

◆グリーフワーク 悲しみを癒す作業
7/4(木)~5(金)
http://www.a-h-c.jp/seminar/4837


┌───────―――
│4.セミナー最新情報
└───────―――

分野別・開催順にご案内します。

満席や残席わずかのものもあります。
気になるセミナーはお早めにどうぞ。


…………………………
水澤都加佐のセミナー
…………………………

◆水澤都加佐のナラティブ・セラピー【残席少】
5/16(木)~17(金)
問題を解決する力は、自分自身の中にあります。
http://www.a-h-c.jp/seminar/7437

◆ACとインナーチャイルド・ワーク
6/26(水)~27(木)
過去の自分を受けとめることから、癒しが始まります。
http://www.a-h-c.jp/seminar/4832

◆バウンダリー(境界)ワーク 
7/3(水)
人間関係を見直す、1日集中セミナーです。
http://www.a-h-c.jp/seminar/4843

●援助者のためのセルフ・マネジメント講座【残席少】
8/6日(火)~7(水)         
感情労働による疲労をためこまないために。
http://www.a-h-c.jp/seminar/7780

●介入(インタベンション)集中セミナー
8/29(木)~30(金)
助けを拒む人に温かく働きかける方法とは?
http://www.a-h-c.jp/seminar/4851

………………………………
TRUE COLORS(TC)など
………………………………

◆TC【入門講座】
5/18(土)
半日のプログラムで、気質の違いを体感します。
http://www.a-h-c.jp/seminar/5697

◆TC【実践講座】対人関係とコラボレーション
5/19(日)            【残席少】
周囲との関係づくりがテーマ。特定の人を「苦手」と
感じるのはなぜ? どうしたらうまくいく?
http://www.a-h-c.jp/seminar/5705

……………………………………
グループ・ファシリテーション
……………………………………

夏と冬に1回ずつ開催してきたハワード・カツヨ先生の
来日講座、ご要望多数のため、この夏は2ヵ所で開催!

東京コースは平日開催です。
休日参加が難しかった方はぜひこの機会に!

【早割】
いずれも5/20(月)までのお申込で、3,000円引きです。

◆グループ・ファシリテーションの理論とスキル
 京都 初開催! 
7/6(土)~7(日)
講師:ハワード・カツヨ+松岡千代   
http://www.a-h-c.jp/seminar/6882

◆グループ・ファシリテーションの理論とスキル
 東京 平日コース
7/10(水)~11(木) 
講師:ハワード・カツヨ+黒川正樹
http://www.a-h-c.jp/seminar/4854

…………………………………
アサーティブ・トレーニング
…………………………………

●アサーティブ・トレーニング【応用講座】
6/1(土)~2(日)
基礎講座の修了者を対象に、批判・怒りなどの場面や、
問題解決のスキルを練習。
http://www.a-h-c.jp/seminar/4904

中野満知子講師のブログ更新です。
https://ahc.weblogs.jp/blog/cat167014/

…………………………………………
特別講座
…………………………………………

◆TFTパートナー講座
6/8(土)
東洋医学の「経絡」を取り入れた心理療法を実践学習。
http://www.a-h-c.jp/seminar/6178

◆援助者のためのスキーマ療法入門【満席】
6/23(日)
http://www.a-h-c.jp/seminar/4870 

◆「自分で自分のメンテナンス」体験セミナー
6/29(土)
数々のワークを通して、なりたい自分が見えてきます。
http://www.a-h-c.jp/seminar/4822

◆フォーカシング入門
8/3(土)
感情とのつきあいかたを学ぶ講座です。
http://www.a-h-c.jp/seminar/4509

…………………………………………

セミナーカレンダーはこちらです。
http://www.a-h-c.jp/article/6199


★ブログの更新

アサーティブと私 No.73 「一晩寝て、思ったこと」
https://ahc.weblogs.jp/blog/cat167014/



ご意見やお声、お待ちしています。
メルマガ上で紹介させていただくことがありますので、
ご希望のペンネームがありましたらお書き添えください。
(特になければイニシャル1文字か匿名にしますので)

 mail@a-h-c.jp  までどうぞ。

※お願い※

ブログなどでメルマガ記事を紹介してくださる場合、AHCの
ホームページにリンクを張ってください。
また、ホームページの内容を紹介したい方は、事前に下記まで
問い合わせてくださいますよう。
research@a-h-c.jp

(季刊『Be!』の記事や出版物の内容転載は禁止です)

∞∞ AHCからのお便り ∞∞
自分らしい生き方、応援します
http://www.a-h-c.jp/

アスク・ヒューマン・ケア
〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町3-16-7-7F
Tel.03-3249-2551
代表取締役社長 友井真人  
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
プロフィール

ahcm

Author:ahcm
アスク・ヒューマン・ケア(AHC)

最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク